喜楽鮨(築地)

下町の風情を醸し出す入口の緑

住所

中央区築地3-10-4前川ビル1F

電話番号

03-3541-0908

定休日・営業時間

【定休日】 日、祝休
【営業時間】 11:30~15:00、17:30~21:00、土11:30~21:00

メニュー

(2010/08/21現在)

満足度

★★★★

入店回数・最終入店日

1回、2010/08/21

感想等

喜楽鮨は、築地場内・場外市場の喧騒から離れた、本願寺の西の静かな一帯にあり、入口を囲むように植えられた竹などの緑が、 下町の路地の風情を醸し出し、以前から気になっていた店だ。
店の前に立っている看板のメニューを見ると、昼限定のにぎり一人前が1,800円(税別)となっている。コストパフォーマンスは、 特別に良くはないなと思いながらも入店。
「昼限定のにぎり一人前」の内容は、トロ・イサキ・まぐろ赤身・赤貝・海老・穴子・玉子焼・鉄火巻(6巻)と、いずれも、実に綺麗(上品) で、見るからに美味しそうだ。そして、実際に全てが実に美味い!!但し、苦手のトロは、家内にイサキと変えてもらったので不明(苦笑)。
しかも、ボリューム的にも充分で、銀座の 「美登利寿司(梅丘寿司の美登利総本店 銀座店)」の「超特選にぎり(2,100円)」と較べると別だが、 決してコストパフォーマンスも悪くない。
この『喜楽鮨』であるが、50年以上の歴史を誇る老舗だそうで、白身魚に力を入れており、看板メニューは、白身魚のみを8貫並べた 「白身づくし3,000円(税別)」なのだそうだ。
最近、マグロ重視の店がやたらと多い中で、白身にこだわる喜楽鮨は、トロ苦手人間で、白身魚と青魚大好き人間の私には嬉しいかぎりだ。 次回は、看板メニューの「白身づくし」を食べてみよう(^0^)
(2010/08/21)

ギャラリー

店内
店内は、かなりの広さである。店主の実に丁寧な仕事振りから、大いに期待(^-^)。まずは、トロ・イサキ・ マグロ赤身・赤貝が登場!

昼限定にぎり(1,800円税別)
トロ・イサキ・まぐろ赤身・赤貝・海老・穴子・玉子焼・鉄火巻(6巻)と、いずれも、実に綺麗(上品)で、 見るからに美味しそうだ。そして、実際に全てが実に美味かった!!但し、苦手のトロは、家内にイサキと変えてもらったので不明(苦笑)。 しかも、ボリューム的にも充分だ。尚、玉子焼が最後に出てきたため、この写真には抜けてしまった(汗)。

玉子焼
上写真に漏れた玉子焼が登場(笑)。

味噌汁
白身の出汁の味噌汁もついているが、これは特別に、どうってことはない。

トップページへ このページの先頭へ

コメント

この記事へのコメント

名前

メールアドレス

URL

コメント