日比谷松本楼(日比谷公園内)

日比谷公園の森の中に建つ松本楼

住所

千代田区日比谷公園1-2

電話番号

03-3503-1451

定休日・営業時間

【定休日】 年中無休
【営業時間】 10:00~22:00(L.O.21:30)

メニュー

(2010/08/26現在) ~クリックにて拡大画面に~

満足度

★★★★

最終入店日

2010/08/26

感想等

松本楼は、日比谷公園の森の中にある。
「10円カレーチャリティー」で有名な松本楼であるが、明治36年(1903)に日比谷公園の開園と同時に、公園内に創業し、 平成15年に100周年を迎えた歴史ある老舗洋食店だ。
1階は、グリル・ガーデンテラスで、テラスと行き来自由の店内は、昔ながらの洋食を楽しむことができる。 グリルの雰囲気は意外と庶民的な感じだが、落ち着いた内装が、さすが老舗であることを感じさせるが、折角だから、 テラスで食事をするのをお薦めしたい。
周りを大きな木々で囲まれたテラスは猛暑(35度)の中でも、涼しいとまでは言わないが、我慢できる程度の暑さだ。大都会・東京にも、 こんな涼しげな場所があるのが有難いものだと思う。
このテラスでは、ガーデンウェディングが挙げられたりもするらしいが、その様子が何となく浮かぶ。
さて、この店の名物は「ハイカラビーフカレー」である。特別凝っているわけでもなく、懐かしい感じのするカレーだが、 木立の中のテラスで食べると何とも美味しく感じられる。
まあこの店は、味が云々というよりも、雰囲気を楽しみながら食事をする店であろう。そういう意味では、満足度は高い。
また、1階には、他にハイカラハヤシライスやオムレツライス等々多くのメニューを揃えているほか、夏にはお薦めメニューもあり、 さらにはカキ氷もある。
尚、3階は、フランス料理「ボア・ド・ブローニュ」となっており、料金はやや高めで、B級グルメとは言えないので省略します(笑)。そして、 2階は、宴会場・披露宴会場となっており、最大250名まで対応可能なのだそうだ。

ギャラリー

松本楼と銀杏の大木
松本楼の脇には銀杏の大木が聳え立つ。明治32年、日比谷見附(現日比谷交差点脇) にあった銀杏の大木が道路拡張のために、伐採されようとしていたものを、ここに移植したものだそうだ。

テラス
森の木立の中にあるテラスは、何とも雰囲気が良い。

ハイカラビーフカレー
その昔、松本楼でカレーを食べてコーヒーを飲むのが、ハイカラの習慣となっており、 そこから名前が付いたと思われる。

カキ氷(宇治金時)
こんなハイカラな店にもカキ氷が・・・。夏は、これに限る(^-^)。

トップページへ このページの先頭へ

コメント

この記事へのコメント

名前

メールアドレス

URL

コメント